火山学 (Volcanology)

火山学 (Volcanology)

ハワイアンエドベンチャーは、教育、文化、レクリエーションそして体験型旅行プログラム一連を提供します。またそれらは、文化、科学、歴史そして民族の多様性をブレンドしたものです。

エドベンチャーのお客様の要望に応じたプログラムは教育そしてレクリエーションの目的に応じたものにするために作られました。私たちの、火山学プログラムは、1つ又はいくつかの島の探検が含まれます。あなたの教育そしてレクリエーションのご要望をお聞かせ頂ければ、ハワイアンエドベンチャーが最適なプログラムを企画します。

いくつかの火山学エドベンチャーのハイライトは、下記をご覧ください。

ハワイ火山国立公園

ラバツリー州立公園 , ハイキング カポホ

溶岩ハイキング

ラバツリー州立公園から木々に覆われた熱帯雨林までをハイキングし、約250年前に起こった溶岩流によって出来た、そびえ立つ溶岩樹型を見に行きます。

それから、プナ地区に位置するカポホまでドライブします。カポホは、1959年に30日間に渡る噴火により火山灰に覆われた町です。

プナ地区は、ダイヤモンドの形をしており、ビックアイランドの最も東に位置します。

プナとはハワイアンで、泉という意味です。地熱によって熱せられた水が、島の南方海岸沿いの地上まで上がってきます。

それから、カラパナそしてカイムベイ沿いへと続きます。今は、最近活動中のキラウエアボルケーノによって完全に埋め尽くされています。

ここでは、ハワイの最も新しいブラックサンドビーチを訪れ、そしてすばらしい景色の白煙と海まで流れ着く溶岩流を見ます。

また、1990年のキラウエア溶岩流によっての被害を被らず、そして新しい場所に移動したカラパナにあるスター・オブ・ザ・シー教会を訪れます。

その時の溶岩流により、カラパナの村は埋め尽くされました。

ハレマウマウ クレーター –ナハク溶岩トンネル:

海抜1200mハワイボルケーノ国立公園にある、キラウエアボルケーノに向かってドライブします。

このドライブは、いくつかの違ったライフゾーンと過去の3つのボルケーノを見るツアーとなります。

最近のキラウエアの活動ショートフィルムを見るためにビジターセンターに立ち寄り、そしてジャガーミュージーアムを訪れます。

続いて、キラウエアボルケーノカルデラ、ハレマウマウクレーター、そしてナフク溶岩トンネルへとハイキングします。

また参加者は、400年以上も前にできた120mの溶岩トンネルを通り抜けるハイキングをします。かつて、溶岩がこのトンネルを通りキラウエアイキクレーターへと流れ込みました。

一方公園では、いくつかのライフゾーン(熱帯雨林、乾燥オヒアの森林、そして植物の生えていない砂漠地帯)を探索します。

プウ・フルフル 火砕丘
– プウオオ、マウナウル、マウナロア、マウナケア火山:

溶岩トンネ

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード(これはキラウエアクレーターの周囲に沿ってあり、公園にあるサウスウエストリフトゾーンに沿った丘に下り続いています。)をドライブします。

私たちのグループは、マウナウルに立寄り、そしてプウ・フルフル火砕丘トレイルにある新しい 溶岩流を通り抜け、道沿いにある多くの溶岩樹型や溶岩樹を観察します。

また、古い溶岩流の区域、そして最近の溶岩流にも侵されていない植物性帯域(キプカ)を通り抜けます。

頂上のプウ・フルフルからは、公園からの最も素晴らしい景色の一つを見る事が出来、天気が良ければ、参加者は眺めの良いプウオオ、マウナウル、マウナロア、マウナケア、ボルケーノ、また高台にある溶岩池までも見る事ができるでしょう。

サンプルプログラムに戻ります